【開催案内】太平洋・島サミット(PALM)パートナー国での先進的な脱炭素技術を導入するための二国間クレジット制度(JCM)の活用に関するワークショップ(ウェビナー)

2021年9月7日

第9回太平洋・島サミット(PALM9)は、菅義偉日本国内閣総理大臣及び現在の太平洋諸島フォーラム(PIF)議長であるカウセア・ナタノ・ツバル首相との共同議長のもとで2021年7月2日に開催されました。このサミットにおいて、PALMのパートナーシップの一層の強化及び地域のためのビジョンの達成のための全体的な指針を示すものとして、PALM首脳宣言が発出されました。また、今後3年間、5つの重点協力分野で協力していくことに対するコミットメントを行動計画において表明し、日本との間の具体的な協力の方向性を示しました。この5つの重点協力分野の1つである気候変動・防災分野においては、「日本は、PALMパートナーが、先進的な脱炭素技術を導入するための二国間クレジット制度(JCM)の活用可能性を更に探求できるように、JCMに関する情報を提供するためのワークショップを実施する」とされているところです。

これを踏まえ、今般、日本国環境省及び外務省は、2021年9月22日(水)に「太平洋・島サミット(PALM)パートナー国での先進的脱炭素技術を活用した二国間クレジット制度(JCM)の活用に関するワークショップ」を開催します。JCMを含む市場メカニズムの活用はパリ協定6条にも位置づけられているものです。

日本国環境省では、JCMにより優れた脱炭素技術のJCMパートナー国への普及を促進しています。本ワークショップは、JCMについて、PALMパートナー国・日本両国の政府関係者及び関係民間事業者等を対象に、気候変動緩和策に対する太平洋島嶼地域での課題やニーズを探るとともにJCMの概要や成果を共有し、PALMパートナー国におけるJCMの活用可能性を探ることを目的としています。

1.概要

開催日 :2021年9月22日(水)午前10時~午後12時00分(JST)
会場 :WEB会議システム「Zoom」にてご視聴ください。(事前申込時にご登録いただいたメールアドレス宛にリンクを送付いたします。)
主催 :日本国環境省、日本国外務省
支援 :太平洋諸島フォーラム、国際機関太平洋諸島センター
事務局 :パシフィックコンサルタンツ株式会社
言語 :英語
参加費 :無料

2.プログラム

当日のプログラム
※ プログラムは変更となる可能性があります。

3.お申し込み

定員は500名です。定員になり次第、申し込みを締め切ります。
○【ウェビナー視聴登録申し込み】
https://forms.office.com/r/WtZ7CtNmBP

※太平洋島嶼国での再生可能エネルギー/省エネプロジェクト等にご関心のある企業等関係者様がお知り合いにいらっしゃいましたら、是非、本セミナーについてご紹介いただけますと幸いです。

◆本ウェビナーとは別に、JCMでは、設備補助による低炭素・脱炭素技術導入を検討中の企業と、関連技術を提供できる企業との個別面談を設定することが可能なオンライン・プラットフォーム「JCM Global Match」もございますので、是非ご利用下さい。

  • ※1 JCM(Joint Crediting Mechanism)とは、温室効果ガスの世界的な排出削減・吸収に貢献するため、途上国等の状況に対応した優れた脱炭素技術を導入することにより途上国等と協力して温室効果ガスの削減に取り組み、日本の排出削減目標の達成にも活用する制度であり、パリ協定6条に位置づけられる市場メカニズムの一つです。日本はこれまで17か国との間でJCMの二国間文書に署名しています。概要はこちらをご覧下さい。

お問い合わせ先

JCMウェビナー事務局
メール:JCM_pckk@tk.pacific.co.jp